wpmaster のすべての投稿

”初夏のころ”をふりかえるシリーズ 5(終)

DSC02978-2

DSC02975-2

6月、安曇野市明科の長峰山頂からの景色です。

安曇野の大地と川の向こうに北アルプスの山を望むことができる、屈指の展望地。

山頂近くまで車で行くこともできますが、

時間と体力が少しあれば、1時間ほど登山道を歩いて登るのも楽しい。

残雪期の高地登山のような道具や技術も不要です。

今の騒ぎが収まったら、梅雨の晴れ間を狙ってみなさんにも訪れてほしいですね。

 

長野県の公式観光サイト「GO NAGANO」が、いまSNS(フェイスブックなど)で

「#おうちでながの」プロジェクトをやっています。

メッセージ(https://www.go-nagano.net/topics_detail2/ouchidenagano)を読むと

このシリーズの趣旨とほぼ同じに感じました。

この困難をみんなで乗り越えたら、どうぞ美しい信州を楽しんでください。

 

”初夏のころ”をふりかえるシリーズ 4

5月6日まで、当ゲストハウスは原則休業することにしました。

(観光や登山でないご用事でのお泊りはご相談ください)

休業明けの初夏のころには世の中も落ち着いて、

写真のような風景を観にみなさんに来てほしいとの思いで始めた、

この”初夏のころ”をふりかえるシリーズ。

きょうは少し違った視点で”初夏のころ”を。

DSC00707-2

 

「看板付けました!」

DSC00767-2

 

「みんな集まって恐竜に色塗ったよ~」

DSC00778-2

 

「チラシ配りのためのゲストハウスまわり・東京」

 

DSC00783-2

 

「チラシ配りのためのゲストハウスまわり・鎌倉ゲストハウスさん」

DSC00795-2

 

「ご近所さん向けの、開業前内覧会。よろしくです」

 

5年前の7.1に当ゲストハウスはオープンしました。

その前の5,6月の”初夏のころ”は、内装工事がおわったあとの

こまごました仕上げや、地域の方とのつながり作り、

各地のゲストハウスへの「営業回り」など、

とにかく思いつくことをいろいろやっていました。

本当にゲストハウスがうまくいくのか不安もありましたが、

今思えば大きな「不安」があったからこそ、

それを乗り越える力も得られたように思います。

おかげで初年度から見込みの2倍以上のご来客があり

引いてはここまでやってこられました。

今、やむなく1か月事実上の休業というピンチではありますが

おかげさまで開業時から培ってきた有形無形の財産があり、

これも何とか乗り越えて行ける・・・と思っています。

今後またこの経験を糧にできるよう、

しばらくのんびりと辛抱しようと思います。

春探し散歩

4月6日

リアルタイム情報です。

近くの桜並木はまだ1分咲きですが、

周辺の桜はつぎつぎに満開になっています。

掃除や庭仕事だけでは時間を持て余すので

サブマネと2人で散歩に出かけました。

DSC04935-2

DSC04937-2

キジに遭遇!

DSC04940-9

DSC04946-2

DSC04947-2

ゲストハウスのほうはヒマにしていますが、

気をもんでも仕方がないので、できる範囲で楽しく過ごしています。

 

 

”初夏のころ”をふりかえるシリーズ 3

DSC03007-2

3年前、2017年の6月から7月にかけて、

おとなりの大町市で「北アルプス国際芸術祭」が行われました。

わたしも「いったい何だべ?」と思って観に行ってみました。

DSC03033-2

DSC03015-2

DSC03010-2

DSC03026-2

美術館で鑑賞するものとは一味違って、

北アルプスの水や緑と一体になった作品が多く、

市内をあちこち巡り、とても楽しい1日となりました。

そして今年、2回目の芸術祭が5月31日から開催予定でしたが

例によって新型肺炎の影響で延期決定、日程未定となっています。

前回は屋外展示も多くあったので、

なんとかひと工夫して開催されるといいなと思っています。

桜 咲き始め

4月3日

DSC04933-2

リアルタイム情報です。

名所「鵜山桜並木」はまだつぼみでしたが、

近所の桜が咲き始めています。

鵜山桜並木もそうですが、このあたりの桜は

農道や生活道に沿って咲いているものが多く、

もともとお花見宴会よりもお散歩観賞向きです。

おだやかな気持ちで花を楽しんでいます。

燕岳登山情報(4/2現在)

 

DSC01992-2

(写真は2016年7月、マネージャー撮影)

2020年4月2日のリアルタイム情報です。

燕岳の山頂付近の山小屋「燕山荘」は、4月25日から営業開始予定とのこと。

新型コロナウイルスに関する措置が発表されています。

https://www.enzanso.co.jp/topics/50339

「人数制限あり、完全予約制」というのが大きなポイントですね。

いつまでの措置かということが明記されていないようですが、

少なくともゴールデンウィークころまでは

「1人、2人ぐらいは予約しなくてもいいだろう」とはいかないようです。

感染収束を見越してご計画の方はご注意ください。

なお、上に7月の山の写真を載せましたが

今期は少雪とはいえ、ゴールデンウィークころの山頂付近は冬山の世界です。

ピッケル・アイゼン、防寒具などの装備は万全にしてお出かけください。

dsc02150-2

中房線乗合バスは、4月24日(金)から運行予定とのこと。

http://www.azumikanko-taxi.co.jp/2011/04/030-01.html

今期の大きな変更点は2つ。

・「有明山黒川口」バス停新設

→ いわゆる「表参道」からの有明山登山が便利に。

・「穂高駐車場」バス停廃止

→ 駐車場は無くなりませんが、「穂高駅」バス停までの移動が必要(徒歩約5分)

当ゲストハウスでは、今期も第1便の時間から穂高駅までお送りします。

 

以上4月2日時点での情報ですが、

お出かけ前には改めて最新の情報をご確認願います。

”初夏のころ”をふりかえるシリーズ 2

DSC_0581 (2)-2

 

信州と言えばりんご。

収穫はもちろん秋ですが、ゴールデンウィークのころには

白い花が乱れ咲きます。

DSC04373-2

DSC02930-2

DSC02937-2

DSC02924-2

 

5月下旬ごろからは、豊科近代美術館のバラ園や、

あやめ公園のあやめも見ごろを迎えます。

あぜ道に咲く素朴な花もいいですね。

DSC02901-2

DSC03892-2

当ゲストハウスの庭では、カモミールの花やイチゴの実のころ。

今から楽しみです。

初夏の信州花めぐり、いかがでしょうか。

”初夏のころ”をふりかえるシリーズ 1

”今”のことをすぐ伝えられるのがブログのいいとこではありますが、

その”今”は気軽に外に出られない状況です・・・。

1ヶ月後には感染が収束し、どこでも気軽に行けるようになっているのを願いつつ、

「そのころには遊びに来てね!」とのメッセージを

過去のブログ写真を通し、何回かに分けてお伝えしたいと思います。

DSC01794-2

DSC01826-2

安曇野の初夏というか、遅い春と言うべきかもしれませんが

4月下旬から5月上旬は田植えの季節。

雪を残す北アルプスが映える「水鏡」はこのころの風物詩です。

風も暖かくなる時期、サイクリングにも最適。

「どこへ」というよりも、

風の吹くまま気の向くままのサイクリングがおすすめです。

<まず読んで!>5月6日までの方針

4月7日、7都府県での緊急事態宣言が発令されました。

これを受けて5月6日まで以下の方針で営業します。

 

・インターネット予約サイトからの自動予約は5月6日分まですべて停止します。

・この期間にお泊り希望の方は、お電話かEメールでお申し込みください。

観光や登山の予定の方には、お越しの方の現住所によらず、

見合わせをお願いします。ご用事でお越しの方のご予約はお引き受けします。

・この間のお受入れは原則として1日1組、多くても2組とします。

2組の場合は部屋を分けます。

・風邪の諸症状のある方は、事前のご予約があってもお受入れをお断りします。

 

今は観光旅行などは控えてもらうべきと思う一方、

宿屋は単なる「稼業」ではなく、社会的な役目もあるのではとの考えもあり、

上記の判断に至りました。ご理解下さればありがたいです。

4月7日 マネージャー 西田隆裕

 

 

三寒四温

3月25日

DSC04921-2

久々の快晴、今朝の外の気温は-6℃。

なんか、暖かかった2月より寒い日が多いような?

しかし日中は上着がいらないぐらい温度が上がりそうです。

 

満員御礼まではいきませんが、

おかげさまでぼちぼちとゲストさんにも泊っていただいています。

春休み期間、若者応援の気持ちも込めて

4月10日までドミトリーは通常期より300円引きの料金です。