月別アーカイブ: 2021年1月

かみ雪のあと

1月13日

きのうの”かみ雪”も降りやみ、今朝は久々の青空。

日差しを浴びて雪面が輝いています。

DSC05386-92

DSC05387-2

DSC05388-2

”かみ雪”というのは長野県独特の表現で、

県の中南部、つまり上方(京に近い側)でのまとまった雪のことを指す言葉です。

長野県では北部にまとまった雪が降るのは当たり前ですからね。

交通障害がおこるほどではありません。ご安心ください。

三九郎

1月10日

正月明けのころ、しめ縄や門松、ダルマなどを集めて焚く行事、

このあたりでは三九郎と呼ばれますが、

当ゲストハウスの地区ではきょう行われました。

DSC05384-2

DSC05385-2

無病息災を願って何百年と行われてきた行事、

はるか昔から人の営みを見つめてきた有明山は、

何を想って見下ろしているでしょうね。

 

 

3月14日まで休業します

ーー結論ーー

・1月14日まで予定していた自主休業を、3月14日まで延長します。

・3月15日以降のご予約の受付は、方針を決めたうえで3月1日に開始予定とします。

ーー考えたことーー

1月15日からの営業再開を模索しておりました。

「東京に宣言が出たから休業なんでしょ?」という単純な話でもなく、

行政からの休業要請がないこと(ということは補償もない)、

感染症対策が万全ならば堂々と営業していいのではないか、

そのうえで泊まる・泊まらないはお客様判断にまかせればいいのでは、

などなど考えましたが、泊めるほうも泊まるほうも

いろいろ説明・いいわけ(?)しながら営業するよりは

この冬はアルバイトと、春からの営業再開準備に

徹するほうがいいとの結論に達しました。

ご理解くださいましたらありがたく思います。

みなさまに忘れられないよう、冬の安曇野の様子など

時折ブログ更新していきますので、今後もよろしくお願いします。

1.8 あづみの池田ゲストハウス マネージャー 西田隆裕

白鳥観察

1月4日

車で5分の御法田遊水池で、早朝の白鳥観察をしてきました。

DSC05365-2

DSC05366-2

DSC05368-2

DSC05375-2

今シーズンも密になって集まってました(笑)

三が日を過ぎたので撮影や観察の人はまばら。

屋外ですし感染対策のマスクはいらないかもしれませんが

マイナスの気温ですから保温のためにつけたほうがよさそうです。

タイミングが合えば、迫力ある飛び立ちも見ることができますよ。

DSC03632-2

(この写真のみ2018年撮影)

・・・ゲストのみなさんといっしょに観に行きたいですが現在自主休業中。

営業再開時期は未定、慎重に時期を見極めています。

当ゲストハウスの感染症対策は万全で、旅行中も各自気を付けていれば、

都会の飲食店を大勢で利用するより

田舎を旅行するほうが安全かとも思うのですが、

国単位で緊張が高まっているなかで旅行需要がどのぐらいあるのかや、

「営業再開」の判断がどのようなメッセージとしてみなさんに伝わるのかも

判断しないといけません。最終判断はもう少しお待ちください。

年頭のごあいさつ

2021年 1月1日

あけましておめでとうございます。

旧年は、宿屋には波乱の1年でした。

今年はいいことあるでしょうか。

DSC05355-2

密になるかもしれない、近隣の有名社寺を避けて

徒歩数分の「鎮守さま」に初詣に行ったところ、

いつも閉ざされている社殿が開かれていました。

紙コップが添えられているところを見ると

右のみかんとお酒は参拝者用、ということのようです。

身近な場所での新しい発見、小さな心遣いにうれしくなりました。

DSC05356-2

神社のそばの桜並木から北アルプスの景色。

今年の元日は、山は霧に閉ざされてしまいました。

見通しは効きませんが、わたしは知っています。

深い霧の向こうには、変わらぬ山の雄姿があることを。

寒い冬が過ぎれば、満開の花が咲くことを。

 

今年は自主休業からのスタートとなりましたが、

やがて皆様にお会いできる日を楽しみにしております。

今年もどうぞよろしくお願いします。

DSC04964-92

(2020年4月の桜並木)