月別アーカイブ: 2017年7月

バジルの花

7月28日

DSC03093-2

トマトにバジルを合わせると美味!などと生意気なことを思う今日このごろ、

いつでも手軽に摘めるよう、先日苗を買いました。

思いがけずきれいな花をつけています。

DSC03094-2

5月に種をまいた葉ねぎもだいぶ育ってきました。

DSC03095-2

DSC03096-2

他にもニラや野いちごなど、食べられるものが庭で多少育っています。

ゲストハウス内で召し上がる分ぐらいでしたら

自由に摘んでくださって結構ですよ。

女2人旅

7月27日

DSC03090-2

今朝チェックアウトされた、台湾からお越しのChengさん、Wuさん。

3泊もしてくださいました。

1泊目は到着後に館内でゆっくり。

2泊目は周遊バスで安曇野観光。

3泊目は・・・近所を散歩してすぐ戻って来られて、あとは館内でお過ごし、

「退屈されないかな?」と思っていたのですが、

女性2人だと話のタネはいくらでもあるようです(笑)

こんなときは女2人旅っていいなー、と思います(^^)

ありがとうございました。謝謝!

 

なお、男2人旅も大歓迎です!

「楽しんで!」

7月21日

DSC03083-2

燕岳登山のIさんグループ。今朝もゲストさんを穂高駅までお送りしてきました。

 

お見送りのとき、日本ではたいてい「お気をつけて」と声を掛けますよね。

外国では「Enjoy! (楽しんで!)」って言われます。

いろいろ気を付けたいのはもちろんなのですが、

楽しむために旅に出てきているゲストさんには、

やはり存分に楽しんでもらいたい。

だからわたしは「楽しんでね!」と声をかけてお見送りしています。

 

さて!そろそろ部屋掃除開始。楽しもう!(^^)

 

駅への送迎について<必読!>

 

DSC01897_ResolutionPlus

1.明科駅、穂高駅、安曇追分駅(後述)では、スイカなどの

交通系ICカードや果物では運賃の清算はできません。

乗車駅できっぷを買ってお越しください。

改札を出る際に手間がかかっているゲストさんが大勢いらっしゃいます。

 

2.従来、JR駅への送迎は「明科駅または穂高駅」とご案内しておりましたが、

大糸線の安曇追分(あづみおいわけ)駅にも送迎しております。

穂高駅の2駅北側の駅で、大町方面へはこちらが便利です。

ゲストハウスからいちばん近い駅なのですが、

大町方面からお越しの方は少ないので積極的にはお伝えしていませんでした。

大町の芸術祭におでかけの方は安曇追分もご利用ください。

 

以前書いた記事もご参照ください。

「駅への送迎について」http://a-ikeda-gh.com/blog/?p=935

 

お寺と農園カフェと

7月12日

時間があったので、大町市のほうへ遊びに行ってみました。

まずは霊松寺。

DSC03071-2

市街地より東側の山の中にひっそりと佇む古刹。

イチョウやモミジの木が多く、秋には特ににぎわうところ。

ここも北アルプス国際芸術祭の会場になっているのですが

先日は回りきれなかったので、きょう訪れてみました。

DSC03072-2

木の芸術、ひとことでは言い表せませんが

お寺の静かな雰囲気によく合っていると思います。

心穏やかなひとときを過ごせました。

 

そこから少し北へ行き、「農園カフェ ラビット」さんへ。

DSC03078-2

大町スキー場跡地の広々した草原に建つ、ジビエ料理のお店。

DSC03074-2

猪肉のうまみがカレーのスパイスに負けておらず、

かといってけんかもせず、「仲の良い味」がしました。

カレーの中の野菜も、前菜のサラダやスープ、

さらには水代わりのハーブウォーターまでおいしかった!

DSC03077-2

近くではヤギも飼われていました。

人懐っこいというより、何かくれるのかと寄ってきたみたいです(笑)

癒されるわ~。

 

どちらもクルマがないと行きにくいところですが

行ってみたい方は道案内しますのでお尋ねください。

 

 

 

夏そばの花

7月11日

DSC03070-2

安曇野市穂高の某所にて。そばの花が満開です。

「そばの花って8月下旬ごろじゃなかったっけ?」

と思われる方がいるかもしれませんが、

実の収穫時期により夏そばと秋そばがあって

夏そばは花が6月下旬ごろから、収穫が8月ごろ、

秋そばは花が8月下旬ごろから、収穫が10月ごろなのです。

安曇野は水田やわさび田、りんご園が多いのですが

やはり信州と言えばそば、こんな景色を探してみるのも

いいんじゃないでしょうか。