カテゴリー別アーカイブ: トピックス

駅への送迎について<必読!>

 

DSC01897_ResolutionPlus

1.明科駅、穂高駅、安曇追分駅(後述)では、スイカなどの

交通系ICカードや果物では運賃の清算はできません。

乗車駅できっぷを買ってお越しください。

改札を出る際に手間がかかっているゲストさんが大勢いらっしゃいます。

 

2.従来、JR駅への送迎は「明科駅または穂高駅」とご案内しておりましたが、

大糸線の安曇追分(あづみおいわけ)駅にも送迎しております。

穂高駅の2駅北側の駅で、大町方面へはこちらが便利です。

ゲストハウスからいちばん近い駅なのですが、

大町方面からお越しの方は少ないので積極的にはお伝えしていませんでした。

大町の芸術祭におでかけの方は安曇追分もご利用ください。

 

以前書いた記事もご参照ください。

「駅への送迎について」http://a-ikeda-gh.com/blog/?p=935

 

7月最終日曜日は焼肉だよっ!

DSC02039-2

DSC02040-2

DSC02041-2

7月30日(日)の夕方から、ゲストハウスの庭で焼肉やります。

目的のひとつは、旅のひとと地元のひとの交流。

もうひとつは、夏の間どこにも出られないマネージャーの思い出作り(笑)

楽しく食べて、語りましょう。

なお、不参加でもご宿泊は可能です。

ーー<概要>ーー

日時:7月30日(日)18:20~
場所:あづみの池田ゲストハウス 芝生の庭
(雨天時は館内でホットプレート使用)
参加費:大人1000円 小学生500円 幼児以下 無
予約:必要(FBの「参加」をクリック、Eメール、電話など)
☆注意:

・食材、炭などは用意しますが、調理や片付けなどは全員参加です。

・前日29日の21時までに参加者が3人未満の場合は1年延期します。

 

 

芸術祭行ってきた

6月20日

月イチの休業日を使って、お隣の大町市で7月30日まで開催中の

「北アルプス国際芸術祭」に行ってきました。

DSC03007-2

芸術祭のHPを見ても詳細がよく分からなかったのですが

ここ(インフォセンター)でパスポートを買ったら地図をくれて

いろいろ教えてもらえました。

DSC03010-2

車に自転車を積んで行きました。

駐車場まで車で行って、そこから作品を鑑賞しながら自転車で木崎湖を1周。

「作品」にこだわらず、もともと景色の素晴らしい大町そのものを楽しみます。

DSC03012-2

DSC03013-2

DSC03015-2

大町温泉郷へ車で移動して、また自転車でまわります。

DSC03018-2

DSC03024-2

DSC03021-2

DSC03023-2

車で山のほうを回って・・・

DSC03025-2

DSC03026-2

DSC03027-2

DSC03029-2

DSC03031-2

DSC03033-2

最後に市街地の屋内展示をはしご。(屋内の作品は撮ってませんが)

DSC03034-2

DSC03035-2

先にも書きましたが、ただ作品を観て回るだけでなくて

バックボーンになっている山と水のきれいな大町そのものを楽しむ、

そんな余裕をもってゆっくり回るのがいいのではないかと思いました。

だから写真では伝わらんのです!

ぜひとも現地で体感してみてください。

 

長峰山登山

6月9日

「山歩きをしてみたいけれど、北アルプスは本格的過ぎて・・・」

という方にピッタリなのが、長峰山。

安曇野の平野部を挟んで北アルプスの向かい側にあり、

知る人ぞ知る絶好の展望地です。

当ゲストハウスから登山口まで自転車で30分、そこから歩いて頂上まで50分。

きょう実際に行ってきましたのでリポートします。

DSC02963-2

ゲストハウスを出発してからしばらくは交通量の多い道を進みます。気を付けて!

DSC02964-2

「長峰荘」の緑の看板が見えたら左折。ここからちょっと急坂です。

DSC02966-2

長峰荘の建物の前を通過してすぐ、右手に数台分の駐車スペースと

「長峰山遊歩道入口」の看板があります。ここから歩きます。

DSC02967-2

歩き出してすぐ、渋いベンチを発見!

DSC02969-2

樹々の間に常念岳を見ながら登ります。頂上の景色が楽しみ!

DSC02973-2

木漏れ日のたくさん差し込む明るい雑木林の道。

決して「苦行」ではなく楽しく歩けます(^^)

DSC02974-2

大きな展望台が見えたら頂上です!

DSC02975-2

常念岳方面

DSC02976-2

針ノ木、鹿島槍方面

DSC02977-2

安曇野の平野部を中心に。手前の草原にある踏み切り台はパラグライダー用です。

DSC02978-2

空が広い・・・

 

当ゲストハウスから自転車と歩きで行っても、

3時間もあれば十分戻れると思います。

頂上近くには「天平の森」という食事と入浴の施設があるので

お昼に合わせて行くのも一案。

実はこの遊歩道ルートとは別に、自動車で登れるルートもあるので

時間や体力がない方はそちらを使う手もありますが

できれば遊歩道ルートのほうを、おすすめしたいです!

 

朝採りいちご

5月30日

DSC02957-2

庭のいちごが収穫できるレベルまで色付いてきました。

品種の違いで普通の大きさと超小粒の2種類ありますが

ゲストさんにはどちらも自由に召し上がってもらえます。

甘さと酸っぱさの加減がよくておいしい!

しばらくの間収穫が楽しめそうですが

色付きは気まぐれなので、いいのが採れない日もあります。ご了承くださいませ。

駅への送迎について


夏を前にして、送迎依頼ありのご宿泊予約も増えてきました。

当ゲストハウスでは、大糸線穂高駅、篠ノ井線明科(あかしな)駅からの

送迎を承っています。

DSC01897_ResolutionPlus

安曇野観光の中心、穂高駅。

JRのほか、燕岳登山口行きの中房線バスや、

安曇野ちひろ美術館・大王わさび園行きの安曇野周遊バスの

発着点でもあります。

観光をしてからチェックインしたいときや、

北アルプスの眺めのいい大糸線の旅を楽しみたいときはこちらが便利です。

DSC01797_ResolutionPlus

安曇野の東の入口、明科駅。

穂高駅に比べるとマイナーなのですが、

松本駅からの時間で比べると、こちらのほうが安くて早いのです。

DSC01950_ResolutionPlus

位置関係の図です。

松本からの距離は明科のほうがわずかに短いだけなのですが、

途中に止まる駅の数がぜんぜん違うのがおわかりでしょうか?

松本ー穂高間は途中9駅で約30分(320円)に対し、

松本ー明科間は途中1駅で約15分(240円)です。

途中で特に立ち寄ることなく、まっすぐ当ゲストハウスにお越しなら

明科駅のご利用もご検討の価値があると思います。

 

また、長野駅方面からお越しの場合には

松本を経由して穂高へ向かうより、明科で下車したほうが断然早いです。

 

駅からゲストハウスまでの時間はどちらも約10分。

明科駅23:01、穂高駅22:45までお迎えに行きます。

ただし、前もってご予約のないときは

夜8時ごろ以降送迎できないこともあります。

送迎希望の方は当日でもいいので、早めにご連絡ください。

えっ、なぜかって?それはないしょ・・・

free-resources-wine-photos-10

チェックイン開始が15時からなので、原則14:40ごろからお迎え可能ですが

早めにお迎えが必要な方はご相談ください。

 

翌朝は中房線バスの始発(夏期は5:00)に間に合う時間から駅へお送りします。

ギャラリー貸しを始めます

4月9日

当ゲストハウスの吹き抜けスペースを使って、ギャラリー貸しを始めます。

絵画・小物などの展示会場としてお使いください。

また、ワークショップとしてのご利用なども可能です。

以下に概要を記します。お申し込み・お問い合わせのご参考にどうぞ。

**********************************

貸し出し場所の写真

DSC01691-2

広さ約10畳の板張りの空間です。

DSC01692-2

天井が高くロフトのようなスペースもあり、工夫次第でいろいろ演出もできます。

DSC01693-2

和ダンスをあえて分解して横に並べ、その上に展示品を並べています。

(ギャラリーとしてのご利用時は、この展示品は移動させます)

DSC01694-2

ガラスケースも利用できます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご利用料:1週間2000円 (8月は3000円)

(1週単位で貸し出し、最大4週連続まで)

ご宿泊のゲストさんのほか、10時ー18時の間は日帰り見学者も受け入れ可能です。

ゲストハウス休業中および冬期は貸し出し対象外といたします。

「安曇野スタイル」開催期のご利用はご相談ください。

 

ご利用の例(安曇野スタイル2015にて)

DSC01130-2

DSC01132-2

DSC01137-2

DSC01134-2

ご注意

・美術館のような展示専用の施設ではなく、

そのため格安料金となっていることをご理解願います。

・ご利用の前にマネージャーとの面談および作品審査があります。

審査は芸術的価値等ではなく、マネージャーの主観で

“当ゲストハウスにふさわしいかどうか”が基準となります。

・その他諸条件はお問い合わせください。また面談時にお伝えします。

 

お申し込み・お問い合わせは

電話:0261(85)0221

Eメール:おやど@a-ikeda-gh.com  (「おやど」をローマ字でoyadoに)

よりお願いします。

 

 

春のあづみの行事予定

あづみの池田ゲストハウスの2016年春ー秋期営業は、3月26日より始まります。

あづみのと、その近郊の4月ー6月の主な行事を一覧にしておきます。

お出かけの参考に。詳しい情報は各リンクからどうぞ(一部は去年の情報です)。

**************************

開催中 ~ 4/10 わさびの花祭り (大王わさび農場)

4/16 立山黒部アルペンルート開通

4/17 桜並木花見会 (あづみの池田ゲストハウスー鵜山桜並木)

4/23 燕山荘 営業開始

4/27 上高地開山祭

4/29 常念小屋 営業開始

早春賦まつり  (穂高川沿い 早春賦歌碑前)

5/4 あづみの公園早春賦音楽祭

5/21・22 いけだまち北アルプス展望ウォーク

安曇野さんぽ市

5/28・29 クラフトフェアまつもと

6/12 安曇野ハーフマラソン

6/25 ~ 7/2 花見(けみ)ほたる祭り (池田町花見地区)

 

 

 

 

春からの営業について

2月20日

白鳥たちの北帰行の始まった今日このごろ。

当ゲストハウスの冬営業は22日のご宿泊をもって終了します。

営業再開は3月26日(土)からとなります。

ゴールデンウィークのご予約もすでに入り始めています。

また、6月12日「安曇野ハーフマラソン」の前泊もどうぞ!

(マラソン詳細はこちら→http://azumino-marathon.com/ )

ご予定お決まりの方はお早めにお申し込みください。

ご予約申し込み、お問い合わせはこちら→http://www.a-ikeda-gh.com/j_booking.html

おでんわは 0261(85)0221

 

<休業について>

2月23日から3月25日までは休業しますが

ご予約やお問い合わせは受け付けいたします。

ただしお返事に時間のかかることもあります。ご了承ください。

4月以降は月に1度だけ休業日となります(8月を除く)。

2016年は 4/26、5/10、6/7、7/5、9/6、10/18、11/15 が休業日です。

 

<イベント>

4月17日は近所の桜並木で花見をします!

ご宿泊と合わせてお申し込みください。

花見だけの参加もOK!酒類はNGです。

詳しくはこちら→https://www.facebook.com/events/1704861423085629/

DSC00564a

その後もイベントを計画中です(^^)それらはまた時機を見てお知らせします。

 

最後になりましたが、冬期間もたくさんのゲストさんにご利用をいただきました。

どうもありがとうございました。

2016年の春ー秋期営業もよろしくお願いいたします。

 

マネージャーにしだ

 

 

 

廃線敷ウォーク 戻り用自転車サービス

当ゲストハウスの送迎場所にも使っているJR明科駅。

昔はここから峠越えの鉄路が伸びていましたが

1988年に新しいトンネルができて旧線は廃止になりました。

今は緑多いウォーキングコースとなっていて、

所々にあるかつての鉄路の跡が独特の風情を出しています。

DSC00887-2

DSC00884-2

DSC00877-2

約6キロ、2時間弱のコースですが

並行する一般道に乗り合いバスは走っておらず(イベント時などを除く)、

個人旅行者の場合、戻るためには終点からまた歩いて引き返すか

タクシーを呼ぶぐらいしか方法がありませんでした。

 

そこで!当ゲストハウスでは

お客様のウォーキングスタート時に自転車を終点まで運び、

歩き終わったお客様はその自転車に乗ってラクラク帰ってくる、

というサービスを始めます。

終点からの戻りはほぼ下り坂なので明科駅まで約20分、楽ちんです(^^)

1日に付き2台(2人)限定、1台1000円で承ります。

詳細はお問い合わせください。

鉄道好き、ウォーキング好きの方におすすめです!

 

「明科廃線敷ウォーク」の詳細はこちらをクリック

(安曇野市観光協会のページへ)