かみ雪のあと

1月13日

きのうの”かみ雪”も降りやみ、今朝は久々の青空。

日差しを浴びて雪面が輝いています。

DSC05386-92

DSC05387-2

DSC05388-2

”かみ雪”というのは長野県独特の表現で、

県の中南部、つまり上方(京に近い側)でのまとまった雪のことを指す言葉です。

長野県では北部にまとまった雪が降るのは当たり前ですからね。

交通障害がおこるほどではありません。ご安心ください。

三九郎

1月10日

正月明けのころ、しめ縄や門松、ダルマなどを集めて焚く行事、

このあたりでは三九郎と呼ばれますが、

当ゲストハウスの地区ではきょう行われました。

DSC05384-2

DSC05385-2

無病息災を願って何百年と行われてきた行事、

はるか昔から人の営みを見つめてきた有明山は、

何を想って見下ろしているでしょうね。

 

 

3月14日まで休業します

ーー結論ーー

・1月14日まで予定していた自主休業を、3月14日まで延長します。

・3月15日以降のご予約の受付は、方針を決めたうえで3月1日に開始予定とします。

ーー考えたことーー

1月15日からの営業再開を模索しておりました。

「東京に宣言が出たから休業なんでしょ?」という単純な話でもなく、

行政からの休業要請がないこと(ということは補償もない)、

感染症対策が万全ならば堂々と営業していいのではないか、

そのうえで泊まる・泊まらないはお客様判断にまかせればいいのでは、

などなど考えましたが、泊めるほうも泊まるほうも

いろいろ説明・いいわけ(?)しながら営業するよりは

この冬はアルバイトと、春からの営業再開準備に

徹するほうがいいとの結論に達しました。

ご理解くださいましたらありがたく思います。

みなさまに忘れられないよう、冬の安曇野の様子など

時折ブログ更新していきますので、今後もよろしくお願いします。

1.8 あづみの池田ゲストハウス マネージャー 西田隆裕

白鳥観察

1月4日

車で5分の御法田遊水池で、早朝の白鳥観察をしてきました。

DSC05365-2

DSC05366-2

DSC05368-2

DSC05375-2

今シーズンも密になって集まってました(笑)

三が日を過ぎたので撮影や観察の人はまばら。

屋外ですし感染対策のマスクはいらないかもしれませんが

マイナスの気温ですから保温のためにつけたほうがよさそうです。

タイミングが合えば、迫力ある飛び立ちも見ることができますよ。

DSC03632-2

(この写真のみ2018年撮影)

・・・ゲストのみなさんといっしょに観に行きたいですが現在自主休業中。

営業再開時期は未定、慎重に時期を見極めています。

当ゲストハウスの感染症対策は万全で、旅行中も各自気を付けていれば、

都会の飲食店を大勢で利用するより

田舎を旅行するほうが安全かとも思うのですが、

国単位で緊張が高まっているなかで旅行需要がどのぐらいあるのかや、

「営業再開」の判断がどのようなメッセージとしてみなさんに伝わるのかも

判断しないといけません。最終判断はもう少しお待ちください。

年頭のごあいさつ

2021年 1月1日

あけましておめでとうございます。

旧年は、宿屋には波乱の1年でした。

今年はいいことあるでしょうか。

DSC05355-2

密になるかもしれない、近隣の有名社寺を避けて

徒歩数分の「鎮守さま」に初詣に行ったところ、

いつも閉ざされている社殿が開かれていました。

紙コップが添えられているところを見ると

右のみかんとお酒は参拝者用、ということのようです。

身近な場所での新しい発見、小さな心遣いにうれしくなりました。

DSC05356-2

神社のそばの桜並木から北アルプスの景色。

今年の元日は、山は霧に閉ざされてしまいました。

見通しは効きませんが、わたしは知っています。

深い霧の向こうには、変わらぬ山の雄姿があることを。

寒い冬が過ぎれば、満開の花が咲くことを。

 

今年は自主休業からのスタートとなりましたが、

やがて皆様にお会いできる日を楽しみにしております。

今年もどうぞよろしくお願いします。

DSC04964-92

(2020年4月の桜並木)

門松と蛇口

12月27日

DSC05354-2

正月まであと5日、門松を飾りました。

ゲストさんのいない正月となりますが、

神さまにはそのぶんゆっくりしていっていただきましょう。

DSC05353-2

当たり前かもしれませんが、ゲストさんが来られなくても

掃除は毎日やっています。

特に水回りの金属部分、指紋や水垢がついたままなのはキライなので

いつもピカピカになるまで磨いています。

今はできることをやる、それに尽きますね。

 

前夜(休業のお知らせ)

12月24日

DSC05352-2

「前夜」の朝の様子です。山の景色はホワイトですね。

あの方の誕生日前夜なわけですが、

本来なら当ゲストハウス冬営業スタート前夜でもありました。

しかし今月14日のGoToトラベル事業一時停止発表に合わせて

新規の予約受付を停止、その後、すでにいただいていたご予約も

すべてキャンセルになり、結局しばらく休業ということになりました。

もっとも新規受付停止のときに、ご予約済みの方にも

「ご不安でしたら遠慮なくキャンセルを」とお伝えしていたので

想定内のことではありますが、やはりさびしいものですね。

休業という選択は究極の消極策で、これでいいのかとも思いますが

たった2人で大河の流れを変えるには

少なくともそれ相応の策と時間が必要でしょう。

やはり今はそのときではないのかなと思います。

再開に向け策を練りつつしばらく静かに過ごすことにします。

営業再開の折にはどうかまたよろしくお願いします。

新規のご予約受付停止

本日12月14日よりしばらくの間、新規の予約受付を休止します。

予約受付の再開は、1月10日前後に判断します。

(その時点で再開する場合、ご宿泊は1月15日分から承ります)

GoToトラベル事業が一時停止されても営業はできるわけで

すでにいただいているご予約分は営業しますが、

独自判断で上記の措置を決めました。

あしからずご了承願います。

 

あづみの池田ゲストハウス マネージャー 西田隆裕

休業中の一大イベント

12月11日

DSC05348-2

暖かくて風のない日に障子貼り。

大そうじや片付け大好きなサブマネが主導、

マネージャーはアシスタントに回って手早く終わりました。

奥さん主導がうまくいくコツなのでしょうかね。

晴読雪読

12月5日

DSC05341-2

DSC05343-2

今朝は起きてみると今シーズン初の平地の積雪。

しかし昼頃には晴れてすっかり解けました。

一度は解けてしまっていたアルプスの雪は再び積もって白さを取り戻しています。

そろそろ根雪が付くころでしょうかね。

DSC05344-2

DSC05345-2

外は晴れたり曇ったり、はたまた雪が降ったりですが、

マネージャーは家にこもって読書したりメモをとったりの日々。

「晴耕雨読」ならぬ晴読雪読ですね。

GoToキャンペーンは6月まで延長の模様。一見、宿業には朗報のようですが

定率での割引キャンペーンは低価格施設には逆風となる政策です。

「安く泊まれる」というのもひとつのサービスと考えてやってきましたが、

ただぼやいていても始まらないので、

価格以外の価値もわかりやすく打ち出してみよう!といろいろ思案、勉強中。

お金やリーダーシップはないので、知識とアイデアで勝負!

・・・まあそんなにうまくいくかは分かりませんが、

どんなことであれ、学んだ知識は「ムダになる」ということはない、

と思ってコツコツやっています。

わかりやすく「かたち」になったら、HPやブログで発表しますね。