お手伝い&たこ焼きそば会開催!

6月25日

朝から地震があってびっくりしましたが、

「お手伝い&たこ焼きそば会」は無事に行われました!

ベッドの裏や照明のカバーの掃除、あんどんの補修など

お手伝いありがとうございました。

時間の関係で昼食のみ参加の方も加わって、

炭水化物祭り・・・もとい、「たこ焼きそばの会」開始です。

DSC03039-2

DSC03040-2

DSC03042-2

DSC03043-2

鍋ものなんかもそうですが、

作りながら食べる食事は特に、みんなの性格が出るので楽しいですね(^^)

「たこが大きすぎて丸めにくいよ!」

「味がちょっと薄くなーい?」

とかなんとか、苦情(?)を受けつつも楽しく食事しました。

ご参加のみなさん、ありがとうございました。

今朝の地震について

6月25日

7時過ぎに長野県南部で地震がありました。

当ゲストハウスおよび周辺では被害はありません。

7:40現在、中央本線の名古屋ー塩尻間で運転見合わせとの情報です。

(追記:同日16時、平常運行に戻っていることを確認しました。)

その他の路線・道路の運休・不通の情報は確認しておりませんが

念のためお出かけ場所の情報をご確認ください。

末筆ながら、被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。

ラベンダー摘み取り

6月23日

DSC03037-2

庭のラベンダーが満開になりました。

少し切り取って部屋で吊しているといい香りがします。

DSC03038-2

ご希望の方には有料でお分けすることにしました。

しばらく香りが続きますが、匂いがなくなっても

インテリアとしていいのではないかと思います。

 

芸術祭行ってきた

6月20日

月イチの休業日を使って、お隣の大町市で7月30日まで開催中の

「北アルプス国際芸術祭」に行ってきました。

DSC03007-2

芸術祭のHPを見ても詳細がよく分からなかったのですが

ここ(インフォセンター)でパスポートを買ったら地図をくれて

いろいろ教えてもらえました。

DSC03010-2

車に自転車を積んで行きました。

駐車場まで車で行って、そこから作品を鑑賞しながら自転車で木崎湖を1周。

「作品」にこだわらず、もともと景色の素晴らしい大町そのものを楽しみます。

DSC03012-2

DSC03013-2

DSC03015-2

大町温泉郷へ車で移動して、また自転車でまわります。

DSC03018-2

DSC03024-2

DSC03021-2

DSC03023-2

車で山のほうを回って・・・

DSC03025-2

DSC03026-2

DSC03027-2

DSC03029-2

DSC03031-2

DSC03033-2

最後に市街地の屋内展示をはしご。(屋内の作品は撮ってませんが)

DSC03034-2

DSC03035-2

先にも書きましたが、ただ作品を観て回るだけでなくて

バックボーンになっている山と水のきれいな大町そのものを楽しむ、

そんな余裕をもってゆっくり回るのがいいのではないかと思いました。

だから写真では伝わらんのです!

ぜひとも現地で体感してみてください。

 

ほたる祭り、ほかイベントのお知らせ

6月17日

来週から再来週にかけて、池田町内でイベントが続きますのでご紹介。

<花見(けみ)ほたる祭り 6.24 – 7.1>

kyoukai 150701

(写真:池田町観光協会

町内の花見地区でほたるが見ごろを迎えます。

大きな駐車場のあるスーパーから送迎バスが出ますので、

ゲストハウスからスーパーまではこちらの車で送迎します。

この時期、数は多くないですが

ゲストハウス付近の田んぼでもほたるが見られますよ。

 

お手伝い&たこやきそば会 6.25>

DSC01930_ResolutionPlus

(写真は去年の様子。今年は障子貼り以外の作業を予定)

10時から2時間くらい、ゲストハウスのペンキ塗りや大掃除のお手伝い。

そのあとお礼の「粉もん」パーティー。

参加費を払って昼食だけの参加でもOK。

FB、メールで事前に参加をお知らせください。

 

<第2回大雪渓酒蔵まつり 7.1 – 7.2>

DSC01971-2

(写真は去年の様子)

長野を代表する銘酒「大雪渓」の蔵元直営売店のオープン1周年のおまつり。

試飲や蔵見学のほかにもいろいろイベントがあります。

ゲストハウスから約2kmの場所、送迎引き受けます。

宿泊して心置きなく試飲しましょう!

 

安曇野手しごとマルシェ 7.2>

DSC03002-2-2

(手作り感満載のチラシをもらいました^^)

地域おこし協力隊のひとたちが中心になって

7月から新しいイベントが始まります!

「手作り」に特化した青空マーケット、楽しそう。

 

いずれのイベントも、あづみの池田ゲストハウスでの宿泊が便利です!

宿泊のお問い合わせはお問い合わせフォーム↓

http://www.a-ikeda-gh.com/j_enquiry.html

またはお電話 0261(85)0221 まで。

それぞれのイベントのお問い合わせはリンク先のほうへどうぞ。

山を下りたら・・・

6月15日

つい先日、燕岳登山口の温泉宿「有明荘」へ行ってきました。

DSC03000-2

山小屋を思わせる雰囲気の建物。大きな露天風呂が最高です。

DSC03001-2

6月中旬に、まだつつじがたくさん咲いていました。

登山口とは言え標高は1400mあります。

DSC02998-2

ここは2年前にあづみの池田ゲストハウスを開業するまで

わたくしマネージャーにしだが勤めていたところ。

今でも友達のスタッフがたくさんいます。

「写真撮らせてよ」と声を掛けたら、このポーズ。

山のひとはノリが良くて楽しい人が多いです(笑)

DSC02996-2

今シーズンの新メニューという、豚丼(大盛り)をいただいてきました。

ボリューム満点!コクのある味もいいです。

なお知り合いということで、大盛りの上にさらに盛りよくされた写真ですので

実際のご注文の際にはご注意ください(笑)

 

あづみの池田ゲストハウスは、今シーズンも朝4:30から穂高駅まで送迎します。

登山の前には、あづみの池田ゲストハウス!

そして山を下りたら、有明荘!

ひとつよろしくお願いします。

 

有明荘のホームページ → http://www.enzanso.co.jp/ariakeso/index.html

もちろん登山じゃない人でも食事や入浴できます。

(スタッフ集合写真には、今でもマネージャーにしだの姿があります^^)

ラベンダー満開

6月14日

DSC02993-2

当ゲストハウスのある池田町は「花とハーブの里」。

台湾ご出身のHuangさん、ラベンダーの花畑が見てみたいということで

駅への送迎時にちょっと寄り道して

あづみ野池田クラフトパークへ。

ヨーロッパのお庭みたい、と喜んでもらえました^^

 

同じく町内の「夢農場」では、7月17日までラベンダー祭り開催中。

道の駅 池田町ハーブセンター」のラベンダー摘み取りは6月17日からです。

甘い香りに包まれてみませんか?

山と田んぼと

6月11日

DSC02987-2

関東甲信の梅雨入り宣言以降、穏やかに晴れた日が続きます(^^)

(昨日は午後からしばらく降りましたが)

山の上からの大パノラマもいいのですが、

当ゲストハウス付近からの、山と農が一体となった風景も

またいいもんだなあと改めて思います。

常緑と新緑で、山の緑のグラデーションもはっきり見えるようになりました。

 

天気予報によると、明日も晴れるようですよ。

がんばって!

6月10日

DSC02983-2

6/9から19まで、安曇野市明科のあやめ公園で「あやめまつり」が行われます。

きょう10日はまつりの一環で、カヌーの大会「にじますカップ」開催。

Oさんファミリーは、Nくんの出場のためにはるばる近県から来られました。

公式のレースは初参加とのことですが、

早朝5時から練習に出かけられたり、気合が入っています!

本戦もがんばってくださいね!

長峰山登山

6月9日

「山歩きをしてみたいけれど、北アルプスは本格的過ぎて・・・」

という方にピッタリなのが、長峰山。

安曇野の平野部を挟んで北アルプスの向かい側にあり、

知る人ぞ知る絶好の展望地です。

当ゲストハウスから登山口まで自転車で30分、そこから歩いて頂上まで50分。

きょう実際に行ってきましたのでリポートします。

DSC02963-2

ゲストハウスを出発してからしばらくは交通量の多い道を進みます。気を付けて!

DSC02964-2

「長峰荘」の緑の看板が見えたら左折。ここからちょっと急坂です。

DSC02966-2

長峰荘の建物の前を通過してすぐ、右手に数台分の駐車スペースと

「長峰山遊歩道入口」の看板があります。ここから歩きます。

DSC02967-2

歩き出してすぐ、渋いベンチを発見!

DSC02969-2

樹々の間に常念岳を見ながら登ります。頂上の景色が楽しみ!

DSC02973-2

木漏れ日のたくさん差し込む明るい雑木林の道。

決して「苦行」ではなく楽しく歩けます(^^)

DSC02974-2

大きな展望台が見えたら頂上です!

DSC02975-2

常念岳方面

DSC02976-2

針ノ木、鹿島槍方面

DSC02977-2

安曇野の平野部を中心に。手前の草原にある踏み切り台はパラグライダー用です。

DSC02978-2

空が広い・・・

 

当ゲストハウスから自転車と歩きで行っても、

3時間もあれば十分戻れると思います。

頂上近くには「天平の森」という食事と入浴の施設があるので

お昼に合わせて行くのも一案。

実はこの遊歩道ルートとは別に、自動車で登れるルートもあるので

時間や体力がない方はそちらを使う手もありますが

できれば遊歩道ルートのほうを、おすすめしたいです!